2017年1月3日に放送された科捜研の女、お正月スペシャル!早速見ましたよ~。新キャストの呂太(渡部秀)君も、早速いいキャラを見せてくれました。

『科捜研の女 正月スペシャル』の感想

今年も早速観ました!『科捜研の女 正月スペシャル』
年明け楽しみにしていた番組の一つです。
科捜研といえば、たしか1999年スタートですからもう18年?すごいですね。

昨年はと言えば、マリコVS各スペシャリストのテーマで楽しませてくれましたよね。
ほんのわずか瞬間浮かぶ微表情から感情をよみとくシステムを開発したスペシャリスト。爆弾処理や射撃のスペシャリスト。

マリコが逮捕されて土門さんに取り調べを受けた事も…ちょっと衝撃でしたよね。そして相馬君の卒業。ちょっぴり寂しいながらも、新キャストを期待しつつ幕を閉じました。

そして今回は、新キャストを含め豪華なゲストも見所でした。
物語は間山(羽場裕一)がトイレに入った瞬間に、一歳の息子が誘拐されるところから始まりました。その奥さん役に森尾由美。普段はかわいらしいイメージの森尾さんですが、今回はちょっと違う。目を離し誘拐された旦那さんを、おもいっきり責め殴ってるシーンは恐いくらい迫力でした。

研究室はと言うと、早速新キャスト登場。呂太(渡部秀)は早速遅刻。しかも、おにぎりを食べながらの登場。大丈夫~?ちょっと心配。亜美ちゃんに頼まれた仕事を確認に行くとなんと寝てる。と思ったら、仕事はきちんとやっていました。パーマ頭に空気も読めない独特なキャラですが、そこはさすが科捜研の一員。その後も、どんどん糸口を見つけ仕事は完璧。プロフェッショナルです。いつの間にかかっこよく見えてきました。

事件そのものは、24年前の未解決事件と関連してるのではというもの。その当時の事件も担当していた岩内刑事(六平直政)や寺田豊などベテラン俳優も続々出演。
どうやら、今回の被害者家族は24年前の犯人?と言う感じで進んでいました。

ただ、最初から24年前に誘拐された赤ちゃんが見つかっていない前提で進んでいたので、その赤ちゃんが生きていて今回の事件に関係してるというのは最初から感じとれてしまいました。
あまり、犯人が誰とか推理しながら観ない方ですが、今回はわかりすぎ?

結局はその赤ちゃんが大人になり、母親が死ぬ間際に本当の事を告白。実は本当の赤ちゃんが死んでしまい、その時遊びにきていた間山の奥さんの提案から、24年前の被害者(鶴見辰吾)の赤ちゃんを誘拐したと。
その息子が復習のため、24年前の事件と同じ手口で犯行を実地。実親である鶴見は、それをかばって自分がやったと自供する。その姿に、結局息子も素直に自供というものでした。

ストーリー含め全体的には楽しめたわけでありますが、所々気になった事が…
24年前の回想場面で、間山や岩内刑事の髪型が変すぎ。若い頃の想定で違いを出したいのはわかりますが、面白すぎです。切羽つまった場面でも笑ってしまいました。

そして、犯人が24年前に誘拐された息子…と気づくシーンで、岩内刑事や土門刑事が実の父である鶴見辰吾と『うりふたつ』と言ってますが全然似てません。だいぶ無理ありすぎでピンときませんでした~。
でも、今回土門刑事と岩内刑事の2ショットはなんだか迫力ありましたね。

そして科捜研といえば、毎回早月先生からの差し入れも楽しみですよね。今回のドイツのパンケーキも美味しそう♪気になります。

なんだかんだと言いましたが、今年もお正月から楽しめました。
それにしても、沢口靖子さんなんであんなに変わらないんでしょうか?綺麗過ぎますよね。やっぱり充実してるんでしょうか。

今年も『化学は嘘をつかない』を信条に、
マリコと土門刑事の信頼関係。早月先生とのちょっと面白い掛け合い。藤倉部長のちょっと頑固だけど、何気に認めてくれているのが垣間見れる上司。そして新メンバーの呂太君。今年も楽しみにしてま~す。

見逃しちゃった?ここから無料で見れますよ!

科捜研のお正月スペシャルを見のがしちゃった方!U-NEXTで無料で見れますよ!

お正月スペシャルの再放送は当面ありません。数カ月や、数年待てば再放送なんてこともありますが、そんなに待てませんよね。

しかーし!なんと、動画配信サービスU-NEXTでいつでも見ることができるんですよ。

最新の放送を見のがした方も

過去の放送を見返したい方も、

U-NEXTで視聴が可能です。しかも無料です。

 

大河ドラマ以外にも、人気のドラマ、映画・バラエティーなどが31日間、無料で視聴可能です。

 

まずは無料でお試しください。

U-NEXTの31日間トライアルを試してみる

 

トライアルを申し込む前に、もうちょっとU-NEXTの詳しいサービス内容について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

U-NEXT