【「北の国から」’92 巣立ち 前編 を無料・合法で見る方法】

往年の人気ドラマ、北の国からの連ドラをまた1から見直したい! スペシャルドラマも見たい!でもビデオレンタルは面倒だしお金かかるし・・・。

そんな方は、下記記事より、無料視聴方法をご覧ください。全部見放題ですよ~!

「北の国から」全話を無料で視聴する方法を教えます

【「北の国から」 ’92 巣立ち 前編 あらすじ・ネタバレ】


出典:FOD

五郎は看護学校に行っている蛍が、来春卒業し帰って来るのを待ちわびていて、富良野の財津病院で働かせてもらえるように話をつけてあった。
そんな蛍は、もうずっと家には帰っていなかった。それは帯広の大学にいる勇次に会いに行っているからである。そして勇次から正看になるために、叔父の働く札幌の病院に行くことを勧められ、五郎の思いもあり悩んでいた。
五郎は、職業訓練校に通いながら大工の金次に弟子入りしている。アキナと言う犬を飼って寂しさを紛らわしていた。そんなところに雪子から3日間ほど息子の大介を連れて富良野に行きたいと手紙が来て、大喜びする。
早速、蛍にも来ることを伝え、富良野のヘソ祭りに来るように電話をする。
富良野駅まで雪子と大介を迎えに行く五郎、二人を連れ挨拶回りをしながら草太がアイコと結婚すること、妊娠中である事を話す。
蛍がいつものように帯広から帰る電車で、偶然、自衛官になっていた正吉に会う。
正吉は純も蛍も長い事富良野には帰っていないことを聞かされる。そしてここで会ったことは五郎には言わないでくれと蛍に頼まれる。
ヘソ祭りを見ている五郎、蛍、雪子、大介の所へ正吉が現れ、五郎も雪子も大きくなった正吉にビックリする。そして正吉は蛍に一言「蛍ちゃん、しばらく」と言うのであった。
その夜、雪子と大介は帰って行った。
明朝、富良野の財津医院に蛍を連れ挨拶に行こうと思っていた五郎は、明日は早いからこれから帰ると言う蛍にショックを受ける。
五郎と正吉と別れた蛍は、五郎の気持ちは痛いほど分かるものの、電車には乗らず札幌の病院の話をするため勇次と叔父が待っているホテルへタクシーで向かうのである。
その頃、家に戻った五郎と正吉は酒を酌み交わし、ほろ酔い気分になった五郎に、母みどりの作った借金と、丸太小屋を全焼させてしまったことで、少しずつ返済させてほしい、自分も育ててもらって息子だと思っていると、2万円の入った封筒を差し出した。
五郎はありがたく貰い、もう一人の息子はどうしているのかな?とつぶやいた。

「以下、ネタバレになります」
その息子純は、東京のガソリンスタンドで働きながら単調な毎日を送っていた。わずかな楽しみは、札幌にいるれいと毎週土曜夜8時の同じ時間に同じビデオを観ることである。少しそういうデートに飽きてきた純の前に、ピザ屋で働いているドジな店員のタマ子が現れる。
そしていつしか二人は深い関係になるが、純には恋愛感情はなかった。しかし、会うことはやめられなかった。
そんなおり、富良野では草太とアイコの結婚式が行われようとしていた。
花嫁が振動の激しいトラクターで登場すると言う演出だったが、結果、身重のアイコは流産してしまう。
一方同じころ、純はタマ子の妊娠を告げられたのであった。

 

【「北の国から」 ’92 巣立ち 前編 感想】


出典:Youtube

蛍が富良野に帰って来ることを今か今かと首を長くして待ってる五郎や、その気持ちを重々承知してるのに父親より恋人を選んでしまい、心を痛める蛍。
もうこっちが辛くなるくらい二人の心情が分かってしまう。だから見入ってしまうんですよね。自分に置き換えてしまいます。
雪子が富良野に来ると草太は喜んで、北海道弁で言うところの「おだってしまう」状態になるけど、私がアイコだったらカツを入れますよ。まあ本当に好きだったんでしょうね。
そしてまた、正吉! 良いですね。なんだかすっかり、悪がきのイメージから好青年になっちゃって。
純は相変わらずなのでしょうか?
だけど今回は随分と重いテーマで話が進んでいきますね。
『命』決して軽く考えてはいけない。重いです。

 

【「北の国から」 ’92 巣立ち 前編 名言・名台詞】


出典:Youtube

正吉 「おじさん」
五郎 「えっ?」
正吉 「怒らないでほしいんだけど。これ受け取って下さい」
五郎 「何だこりゃ」
正吉 「金です」
五郎 「どうしてお前が金くれるんだい」
正吉 「あげるんじゃありません。返してるんです。おふくろがおじさんに迷惑かけた金、それから俺が焼いた丸太小屋。ほんのわずかです。これからゆっくり少しずつ返します」
五郎 「正吉」
正吉 「何も言わないで取ってください。これからチョクチョク返しに来ます。あの時期俺、おじさんに育ててもらって、俺も息子だと思ってますから」
五郎 「正吉、母さん元気にしてるか?」
正吉 「何とか元気です」
五郎 「ああ」
正吉 「おじさんのこと、いつも気にしてます」
五郎 「バッカやろう、母さん今どうしてる?」
正吉 「相変わらずです」
五郎 「そうか」
正吉 「札幌で飲み屋に勤めてます」
五郎 「気になんてするなって言ってやってくれよ。嬉しいな、これで皆いりゃあよ!アハハハ、もう一人の息子、どうしてるかな?」

【「北の国から」 ’92 巣立ち 前編 キャスト・出演者】

黒板五郎:田中邦衛
黒板純:吉岡秀隆
黒板螢:中嶋朋子
井関雪子:竹下景子
井関大介:いしすぐる
笠松正吉:中沢佳仁
北村清吉:大滝秀治
北村正子:今井和子
北村草太:岩城滉一
中畑和夫:地井武男
中畑みずえ:清水まゆみ
成田新吉:ガッツ石松
川島竹次:小松政夫
宮田寛次:布施博
財津:北村和夫
加納金次:大地康雄
大里れい:横山めぐみ
飯田アイコ:美保純
飯田広介:古本新之輔
中津チンタ:永堀剛敏
松下豪介:南雲佑介
和久井勇次:緒形直人
松田タマ子:裕木奈江