【「北の国から」 ‘98 時代 を無料・合法で見る方法】

往年の人気ドラマ、北の国からの連ドラをまた1から見直したい! スペシャルドラマも見たい!でもビデオレンタルは面倒だしお金かかるし・・・。

そんな方は、下記記事より、無料視聴方法をご覧ください。全部見放題ですよ~!

「北の国から」全話を無料で視聴する方法を教えます

【「北の国から」 ‘98 時代 後編 あらすじ・ネタバレ】


出典:FOD

畑に収穫の秋が来た頃、1月に結婚式を挙げることになった蛍は、それまでの間、五郎と一緒に暮らすために富良野に戻ってきた。
毎晩のように、正吉と純は夕食を食べに来て、時には雪子も加わり楽しい団欒を過ごしていた。
ある日草太のところにシンジュクがやって来て、中畑から蛍のお腹の子は正吉の子じゃないと草太から聞いたと言ってたが、真相はどうなんだと尋ねた。そして誰にも言ってはいけないようなことをペラペラ喋る草太を責めた。
冬になり、純は雪子から五郎が蛍のお腹の子は本当に正吉の子供だろうか?と変な事を言ってたと聞かされる。五郎は中畑から言われた言葉で疑問を抱くようになっていた。
そして母子手帳を見てしまう。そこには本来あるべきはずの父親の名前が空欄だったのである。
そして事件が起きる。完次の畑の借金が大きくなってしまい、草太はこれ以上の肩代わりは出来ない、家も土地も置いて富良野から出て行けと冷たく言い放つのである。
吾郎は完次の畑を手伝っていたのでショックを受けた。
そんなとき、ツヤ子が完次がいないと探し回っていた。
完次は農薬で自殺を図ろうとしていたのであった。
ある日、純の仕事場にシュウが来てクリスマスプレゼントだと言って、純への気持ちを綴ったノートを渡した。


出典:Youtube

完次の一家がひっそりと引っ越して言ったのは、それから3日後のことだった。
純は正吉から、草太が完次の持っていた土地の1/3や新築の家、トラクター、倉庫をタダ同然で引き取ったことを聞く。そして、人手が足りないから仕事を手伝えと言われてると話した。その話は純も同じく誘いを受けていた。
純は草太に呼び出された。仕事を一緒にやらないかと、そして明日完次のところから引き取ったトラクターを運ぶのを手伝ってくれと頼まれたが、草太に不信感をもっていた純は、絶対嫌だ、最近の草太は好きになれないと言ってしまう。そして後味の悪い別れ方となってしまうのである。
翌日、シュウへのプレゼントを買いに行き、雪子の店に寄った時、五郎からの電話が入る。忙しい雪子に代わって純が出ると、それは草太が倒れたトラックに潰されて死んだというものであった。一人でトラクターを運んでの出来事であった。
自分が断ったばっかりにこんな事になってしまったと後悔する純。
雪子のところに草太が来て、純のこれからの事を心配していたと聞かされた。
正月に入ってしばらく、正吉と純は草太の牧場をやってほしいと言われるが、規模を広げすぎているため借金もあると言う。二人は悩む。
広介と時夫に居酒屋に呼び出された純は、草太が正吉と蛍の結婚式をド派手にやるつもりでいたことを聞かされる。それは純も当の本人たちも嫌だから止めてほしいと言うが、死んだ者の遺志を組んでほしいと言われてしまう。

草太は蛍の白無垢まで頼んであった。
そこまでされて正吉は、草太の気持ちに応えド派手な結婚式で良いと思ったのである。
結婚式当日、花火が打ち上がったり、迎えにリムジンが来たことで五郎はお金が無い自分への当てつけかと怒りだし、ついには結婚式には出ないと言いだしてしまう。

「以下、ネタバレになります!」
いつもの作業着に着替えてしまった五郎。
2時間半説得してやっと出席をした。
披露宴で草太がスピーチの練習をしているテープが流れ、皆の涙を誘った。
その後の2次会で五郎は大はしゃぎで酔っ払う。
純が五郎を家まで連れて帰り布団に寝かせた時に、令子の写真を持ってきていたのを知る。
純は写真を机の上に置き、そっと五郎に布団を掛けてあげた。

【「北の国から」 ‘98 時代 後編 感想】

蛍が正吉と結婚するために富良野に戻って来て、純や雪子おばさんもいての夕食は五郎にとって幸せな時間だったでしょうね。
でも本当に草太は口が軽すぎます。黙ってれば男の中の男で格好良かったのに。
ついでに言えば中畑も軽いです。
草太がどんどん嫌な人になっていってしまって、お金で人はこんなに変わるんだよってことを改めて考えさせられました。だけど根は優しいんですよね。
草太の義理の弟は広介、完次の弟はチンタ、二人の友情にヒビは入らないだろうか?と心配をしてしまいました。
それにしても草太の死は「えーウソでしょ!」と、とても衝撃的でした。
あんな最後の別れ方で純が可哀想です。


出典:Youtube

そして結婚式だけど、五郎は行かないなんてダダ捏ねたけど、私だったら「わーリムジンだ」と大喜びで乗っちゃいます。
最後の令子の写真持参で、心から愛してたんだと分かりますね。

【「北の国から」 ‘98 時代 後編 名言・名台詞】


出典:Youtube

アイコ 「蛍ちゃん、正吉君おめでとう。ごめんね、うちの人最後まで見ないで逝っちゃって。無責任だよね。でもあの人そういう人だからさ。でも、あの人本当に蛍ちゃんの結婚、嬉しくて嬉しくてたまらなかったんだ。去年からもうスピーチの練習、夜中にこっそりやってたんだよ。実はね、2~3日前草ちゃんの部屋整理してたら、カセットから草ちゃんの声が出てきたの。今日のスピーチ練習してる声。かけてもらってかまわない?録音状態あんましよくないけど」
草太 「ン~フォンオン、えーあーえー、正吉、蛍おめでとう!お前らが出来上がって、出来上がってはおかしいか、えーなんだ、えーお前らが一緒になることんなって、お兄ちゃん嬉しい!涙が出るくらいホントに嬉しい!だけど、きっと一番喜んでいるのは、五郎おじさんだとオラ思う。うん。おじさんは本当に喜んでると思う。蛍!お前忘れたら罰が当たるぞ!お前が今生きて、いっちょまえになって、腹に赤ん坊仕込んじまって、正吉という素晴らしい男掴んで、幸せのてっぺんに今いられんのはみ~んな、お前のおやじさんのおかげなんだ。あの頃のことよくオラ覚えてる。布部の駅に迎えに行ったときオヤジさんに連れられて出てきたお前ら、いや、もやしみたいにこまっしゃくれた純と腹がプクッとまだ出っ張った幼児体型のちっこいお前。そのお前らを二人かかえてオヤジさんがどんなに苦労してきたか、パイプの水を解かしてたオヤジさん、夜中にお前らの寝てる脇でお前らの服を縫ってたオヤジさん、弁当作って届けてたオヤジさん。ダメだ思い出しら涙出ちまった。酒くれ!」

【「北の国から」 ‘98 時代 後編 キャスト・出演者】

黒板五郎:田中邦衛
黒板純:吉岡秀隆
黒板螢:中嶋朋子
宮前雪子:竹下景子
北村正子:今井和子
北村草太:岩城滉一
北村アイコ:美歩純
飯田広介:古本新之輔
中畑和夫:地井武男
中畑みずえ:清水まゆみ
笠松正吉:中沢佳仁
松下豪介:南雲佑介
成田新吉:ガッツ石松
宮田寛次:布施博
中津完次:小野田良
中津ツヤ子:小池美枝
中津チンタ:永堀剛敏
小沼周吉:室田日出男
小沼シュウ:宮沢りえ
時夫:笹野喬史
スナックの客:平泉成