東村アキコさんが描く原作マンガがついにドラマ化が決まりました。果たしてどんな内容に仕上がるのでしょうか?ドラマ化がはじまる前に1巻の原作のネタバレをここでは、紹介します。

【東京タラレバ娘】原作漫画1巻のあらすじ

「タラレバばかり言ってたら こんな歳になってしまった」そんなにイケていないはずじゃないのに気づいたらアラサ―になっていた倫子。6年後の東京オリンピックまでには結婚したいと思うけど…。東村アキコの女子に対する鋭い視点と笑いがさく裂する最新作!!

引用:講談社 コミックプラス

講談社のサイトで、『東京タラレバ娘』原作1巻についてざっくりと紹介されていますが、私なりにネタバレを含めて1巻の内容をまとめてみました。

わたしなりに1巻について、ネタバレにまとめてみた

脚本家を目指して大学卒業後に制作会社に就職し現在は33歳の倫子 (りんこ) 。東京オリンピックが2020年に決まり、あと2313日という張り紙を見ながら、来る33歳の自分の誕生日に向けて親友の1人、香 (かおり) にストーンメガ盛りのキラキラネイル3万円をやってもらい自分へのプレゼントをしているときに、初めてネイルをしたときのことを思い出した倫子。

思い返すとそれは、10年前の23歳の誕生日。当時勤務していたテレビ制作会社のAD早坂さんに告白された事を思い出し、時の流れをしみじみと感じる。

10年の時が経った今、脚本家として独立した倫子。あの頃ADだった早坂さんもディレクターになり、いまだに仕事でしょっちゅう顔を合わせている。

そんなある日、早坂さんから

『お話ししたいことがあるので、今週どこかでお時間をいただけないでしょうか』

と連絡があり、速攻で友人の香と小雪に第4出勤!!!をかける倫子。

注:第4出勤とは、『緊急に男絡みがあるときにのみ、発令されるもの』

小雪 (こゆき) 実家、居酒屋「吞んべぇ」でいつもの、白子ポン酢とレバー、おいしいお酒で、これから告白されるであろう早坂さんの話に盛り上がる3人だったが・・・・

 

約束の当日、倫子は、とびきりのおしゃれをして早坂さんに会いにいくが、早坂さんの相談とは、倫子のアシスタントのマミちゃんにプロポーズすることだった・・・。

 

再び呑んべぇに集まり、『5キロ痩せてキレイになったら』、『倫子が好きになれれば』など女子会をしていると、1人の金髪オトコが、

「いい歳して『痩せたら』だの、『好きになれたら』だの、何の根拠もないタラレバ話でよくそんなに盛り上がれるもんだよな。オレに言わせりゃあんたらのソレは女子会じゃなくてただの…行き遅れの女の井戸端会議だろ。まあいいよ、そうやって一生女同士でタラレバつまみに酒飲んでろよ!このタラレバ女!!

なんて言葉を発するのです。

 

後日、早坂さんがマミちゃんと付き合うことになりどん底にいる倫子に、金髪オトコと再び再会する機会が訪れる・・・・

 

原作の1巻をネタバレとして軽く説明するとこんな感じになっています。 金髪オトコと、倫子に今後どんな進展が起こるのでしょうか?

ドラマ化して見るのがとても楽しみですね!!!

 

【東京タラレバ娘】1巻がそのままドラマの初回になるか?

話題性がたっぷりの東京タラレバ娘のマンガ原作がドラマ化することになりましたが、さすがにエンディングに関する情報は今のところなし!。そりゃそうですよね~。放送前からネタバレしちゃ~楽しみが減るってもんです。

1巻の原作のままのストーリーだと、上で紹介したような内容で話が展開するのではないか、と予想します。

詳しいネタバレは発見できませんでしたが出演者たちのTwitterではこんな風に盛り上がっています。

【東京タラレバ娘】1巻の登場人物と、ドラマで演じる俳優さん

マンガ1巻原作で出てくる登場人物について紹介します。

鎌田倫子 (かまた りんこ) 30歳のときに独立して、ネットドラマなどの脚本家を手掛ける。

現在33歳独身。10年前に当時ADの早坂さんから結婚を前提した告白されるが、断る。

 

山川香 (やまかわ かおる) 倫子の高校時代からの親友で、現在は表参道でネイルサロンを経営している。

スタイルもよく、美人なのにここ数年彼氏がいない。

10年前に同棲していた売れないバンドマンの彼氏がいたが、香の浮気により破局してしまった。

 

鳥居小雪 (とりい こゆき) 倫子の高校時代からの親友の1人、3人の女子会という名の井戸端会議の主催地、原宿にある居酒屋『呑んべぇ』の娘。 料理がじょうず。

しっかりしていると言われているが、実はこのあと丸井と関係を・・。

 

早坂哲郎 (はやさか てつろう) 10年前のAD時代に、倫子に指輪とともに結婚を前提としたお付き合いを申し込むが断られる。

現在はディレクターとして、今でも倫子と仕事で顔を合わすことがある。

倫子のアシスタントと交際に発展することになる。

 

芝田マミ 倫子のアシスタントで倫子を慕っている19歳の個性的なおしゃれの女の子。

年下の高校生の彼氏がいたが、早坂さんと交際に発展する。

 

KEY (キー) 本名は、鍵谷春樹 (かぎたに はるき) モデルの金髪美少年。

居酒屋で女子会をしていた倫子たちに向かって暴言のようなリアルな耳が痛くなるセリフを放つ。が、のちに仕事で倫子のネットドラマに出演することになる。

 

鮫島涼 (さめじま りょう) 10年前に香と同棲していた売れないバンドマン。

現在ではギタリストとして、BUMKEY’Sの人気バンドのメンバーである。現在彼女がいるが10年振りに香と再会することに。

 

鳥居安男 (とりい やすお) 居酒屋『呑んべぇ』の大将。小雪の父親。

 

丸井良男 (まるい よしお) サラリーマン。のちに小雪と関係を持ち始めるが、彼には家庭がある既婚者である。

 

実際にドラマ化で演じる女優・俳優さんたち

倫子役に 【吉高由里子 よしたかゆりこ】 約2年振りの連続ドラマに出演します。

香 かおり 【榮倉奈々 えいくらなな】 

小雪 こゆき 【大島優子 おおしまゆうこ】

早坂 【鈴木亮平 すずきりょうへい

マミちゃん 【石川恋 いしかわれん

KEY  【坂口健太郎 さかぐちけんたろう

涼  【平岡祐太 ひらおかゆうた】 丸井  【田中圭 たなかけい

鳥居安男 【金田明夫 かねだあきお

 

ドラマ【東京タラレバ娘】の予告動画

まとめ

マンガ原作1巻について軽く紹介してみました。ドラマ化のネタバレのくわしい情報はまだ配信されていませんが、1巻の原作の内容の濃さにマンガからファンのかたも、今回のドラマ化によって東京タラレバ娘を知った方もかなり期待ができる内容になるのではないかと予想します。

キャストも決定し、放送日までも間近になってきました。マンガ原作がどのくらいドラマ化で表現されるのか、楽しみです!