「奪い愛、冬 第1話」を見逃しましたか?見逃し配信で無料で今すぐ見れますよ~!その方法をコッソリとご紹介します。

 

「奪い愛、冬」1話を見逃しちゃった方!ここから見れます

待ちにまったドラマの最新の放送日を、うっかり曜日を勘違いして見忘れてしまうことってありますよね、そんな日は、悲しくてなかなか立ち直れません・・・。

大河ドラマならまだしも、「奪い愛、冬」には再放送はありません。数カ月や、数年待てば再放送なんてこともありますが、そんなに待てませんよね。

しかーし!なんと、動画配信サービスU-NEXTでいつでも見ることができるんですよ。

最新の放送を見のがした方も

過去の放送を見返したい方も、

U-NEXTで視聴が可能です。しかも無料です。

 

大河ドラマ以外にも、人気のドラマ、映画・バラエティーなどが31日間、無料で視聴可能です。

 

まずは無料でお試しください。

U-NEXTの31日間トライアルを試してみる

 

U-NEXTの30日間トライアルを試してみる

トライアルを申し込む前に、もうちょっとU-NEXTの詳しいサービス内容について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

U-NEXT

 

「奪い愛、冬」第1話 公式のあらすじ

デザイン会社で働く池内光(倉科カナ)はある日、アシスタントで恋人の奥川康太(三浦翔平)からプロポーズされる。ちょっと頼りないけれど、とても優しく、何よりも光を全身で愛してくれる康太。彼の大きな愛に包まれ、光は幸せを噛み締めていた。

 そんな中、光は会社を代表し、建設会社のロゴデザイン・コンペに参戦することになる。意気込むあまり緊張する光を励まそうと、オリエンテーション会場に向かうエレベーターの中でキスをする康太。だがその瞬間、ふいに開いた扉の向こうに視線を移した光は、ある一点から目が離せなくなってしまう。そこにいたのはライバル会社のデザイナー・森山信(大谷亮平)――旧姓・尾田。彼こそは、かつて光が死ぬほど愛した男、そして…3年前に突然、好きな人がいると告げ、姿を消してしまった男だった!

 康太の存在に癒され、とっくに記憶の彼方へ飛んでいったはずなのに…。せきを切ったように、止めどなくあふれ出す信との思い出。だが、そんな事実を康太に告げられるわけもなく、光はただひとり激しく動揺する…。しかも、その日を境に、幸せで輝いていた光の人生に、どんよりと影が差し始める。一人息子の康太を溺愛する美佐(榊原郁恵)は、光のことが気に入らず、身辺を調査。一方、信の妻・蘭(水野美紀)は、最愛の夫に変な虫がつかないよう、鋭く目を光らせ…!

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/ubaiai/

「奪い愛、冬」 第1話 実際に視聴後のあらすじ・感想

 「奪い愛、冬」第1話がついにスタートしました。第1話から衝撃的でテレビの中に引き込まれていくようなストーリーでした。光と康太のラブラブなプロポーズシーンから、始まって、「海に行っても聞こえないよ。男らしく!」の光の言葉に、「結婚してください!」と康太が言った後、2人がじゃれあいながら抱き合うシーン。

もう美男美女の理想的なカップルにプロポーズにって感じで言う事なしでした。こんな素敵なシーンから始まるのに、秀子が光のシューマイ弁当をつまみ食いしながら、「人の物を取るのが、奪うのが一番美味しいんですよ。光先輩も人の物を取る快感が分かる時が来るかも」なんて、この「奪い愛、冬」の第1話の怪しげなドロドロ劇が始まる序章が怖かったです。

その通り、光の目の前には、死ぬほど愛して止まなかった元彼信が現れて、光は信との過去を思い出を思い出してしまいました。この人だけは人生で忘れられない特別な人って誰にでもいますよね・・・。

光にとって信がそんなとても大きな存在だった。光に別れを告げて、一人取り残されてしまうシーンからもそれが伝わってきました。でも、その光の笑顔を取り戻してくれたのが康太です。

しかも、光の体調を気遣いながら、ごはんを作ってくれる、光の仕事のデータもまとめて力になってくれる。おちゃめな言葉で光を癒してくれる、こんないいパートナー、婚約者いません。

何より信が光の元彼だと、分かっても、これから成長するために今の出来事が起こったと受け止められる純粋な康太の光への気持ちに「奪い愛、冬」第1話を見て、胸が切なく痛くなりました。光、康太の存在の大きさに気付いて。成長するために困惑しながらも、元彼を受け止めてくれた婚約者なんですよ?あなたの笑顔を取り戻させてくれた人なんですよ。

どうして、信に心が揺れちゃうの?ダメダメと突っ込みたくなるシーン満載でした。一方で、信の妻、蘭が信のことを部屋にスライドショーみたいなのつけて、スライドの中に映る「光を削除してしまうかもしれない」というシーンは怖すぎて、異常なほど愛しているのが伝わってきました。

ただ、蘭の足の傷がとても深い大きな傷だったのは、過去にどんな事故にあったのか気になります。信を異常に愛することに何か関係しているのかなと思いました。

また、秀子の光と仲良くしておきながら、部長と親密な関係を持ちながら、康太が好きという姿は醜くて、みっともないとしか言えません。でもそんな康太も光のデスクにある写真鍵開けて見てしまっていましたよね。康太のお母さんも光を調べて、嫌なこと言って似顔絵シュレッダーにかけちゃったりする母親。

光が最後に信にキスしたくなっていた自分に嫌気がさすという言葉。皆「奪い愛、冬」第1話は登場人物それぞれが人を愛するがために、まっすぐな純粋な気持ちから、ドロドロした行動に出てしまったもので人の感情って難しいなと考えさせられる第1話でした。

「奪い愛、冬」光と康太のラブラブシーンにキュンとして、康太の母や信の妻や同僚の怖さ、醜さにドロドロしてるんだけどハマっちゃう、見逃せない、本当にドロキュン劇場でした。第1話からこんなに見入ったドラマ、久しぶりです。

毎週金曜日は絶対これからも見逃したくないドラマです。これからの展開が楽しみでたまらない。もっとドロキュンしそうな予感、これからもっとドロキュンさせてという期待、「奪い愛、冬」に私も心が奪われてしまいました。

第2話は果たしてどんな展開になるのか、1週間が待ち遠しくて、来週まで長くて待ちきれないです。これからは「奪い愛、冬」を週末までの御褒美に楽しみに、学校に仕事に家事に、頑張って、人生を毎日を送ろうと決めました。




「奪い愛、冬」 第1話を実際に見た方たちの感想

https://twitter.com/10Yume2001/status/822758235060846592




 「奪い愛、冬」第1話 次週のあらすじ・予告

3年前に突然姿を消した元彼・信(大谷亮平)との再会を果たし、心が大きく揺れ動く光(倉科カナ)。そんな中、光はよく足を運ぶお気に入りの場所で、信とまたも遭遇してしまった。自分の心は今や信にない――そう自らに言い聞かせるためにも、翌日、光は2人で会った事実を婚約者・康太(三浦翔平)に告白。だが、その際、アクシデントで信に抱きしめられたことだけは、どうしても言えなかった…。

 康太に頼まれ、光は信との思い出の場所へ康太を連れて行くことに。ところがそこで、信の妻・蘭(水野美紀)と会ってしまう! 実は、蘭は日々GPSで信の動きを監視しており、彼がこの場所で光と会っていた証拠までも見つけていた…! もちろん、光も康太も、蘭が何者であるか知る由もない。そんな2人の前で、蘭は一突きで光の心臓をえぐるような、陰険な行動に出る!

 その後、光を早く自分だけのものにしようと焦った康太は“ある計画”を練り始める。一方、信は3年前に何があったのか、すべてを光に打ち明けようと決意。光を呼び出すが、それが“とんでもない恐怖の事態”を呼び寄せてしまう――。

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/ubaiai/story/0002/




まとめ

視聴後に書きますので、お楽しみに!