「奪い愛、冬 第4話」を見逃しましたか?見逃し配信で無料で今すぐ見れますよ~!その方法をコッソリとご紹介します。

「奪い愛、冬」第8話を見逃しちゃった方!ここから見れますよ~。

待ちにまったドラマの最新の放送日を、うっかり曜日を勘違いして見忘れてしまうことってありますよね、そんな日は、悲しくてなかなか立ち直れません・・・。

大河ドラマならまだしも、「奪い愛 冬は再放送はありません。数カ月や、数年待てば再放送なんてこともありますが、そんなに待てませんよね。

しかーし!なんと、動画配信サービスU-NEXTでいつでも見ることができるんですよ。

最新の放送を見のがした方も

過去の放送を見返したい方も、

U-NEXTで視聴が可能です。しかも無料です。

 

大河ドラマ以外にも、人気のドラマ、映画・バラエティーなどが31日間、無料で視聴可能です。

 

まずは無料でお試しください。

U-NEXTの31日間トライアルを試してみる

トライアルを申し込む前に、もうちょっとU-NEXTの詳しいサービス内容について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

「奪い愛、冬」 第4話 公式のあらすじ

元彼・信(大谷亮平)とキスしたところを、その妻・蘭(水野美紀)に見られてしまった光(倉科カナ)。その日から、彼女のSNSには「淫乱」「泥棒」といった罵詈雑言の数々が書き込まれることに…。そんな折、光の婚約者・康太(三浦翔平)を狙う同僚・秀子(秋元才加)が、蘭と接触。女同士が結託し、光に“天罰”を与えようと画策しはじめる。

 一方、どういう風の吹き回しか、あれほど結婚に猛反対していた康太の母・美佐(榊原郁恵)は、態度を軟化。光を家に招き、これまで散々嫌がらせをしたことを詫びる。ところが、そこへ思いがけない宅配便が届く。その中身を見た康太は突然、光の目の前でとんでもない行動に出る!

 そんな中、光と康太は“ある目的”を果たすため、信と蘭の家を訪問。そんな2人を、蘭は何を考えているのか、冬の海へと旅行に誘う。今彼と元彼、その妻との4人旅行…。その先に待つのは地獄か、天国か…!? 絡み、もつれ、奪い合う! 一寸先は闇の四つ巴旅行が始まる――。

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/ubaiai/story/0004/

「奪い愛、冬」 第4話 実際に視聴後のあらすじ・感想

 「奪い愛、冬」第4話、人間の心の表裏が出ていて、ドラマとして見ているのを忘れてしまうような怖いドロドロなストーリーでした。「奪い愛、冬」第4話は、第3話で光の跡を着けていき、不信感を持った康太が光と会社内で、目が合って、2人きりで会話するシーンから、始まりました。

「昨日は、お母さんのお店から早く帰ったの?俺が心配するようなことは何もないよね?ないって信じていいんだよね。」と康太が聞くと、光は、黙って頷くのが精いっぱいです。

そりゃ、信と康太を裏切ってキスして、しかも奥さんに見つかったなんて、こんなこと言えるはずがないですよね。康太も自分が光の跡を着けていってキスしたことは知らないけど、信の家に入っていく姿を見てしまったなんて言えないよね。

「奪い愛、冬」第4話は2人のラブラブな関係が完全に変わってるとはっきり認識できるシーンでした。実は、何とその康太が知らない光と信がキスしている瞬間を蘭がスマホの動画で撮っていました!

それを秀子に見せて、蘭と秀子は連絡先を交換して、仲間になります。そして、光が康太の家に行くと、ある荷物が届きます。康太が開けてみると、中には、蘭が撮った光と信のキスした動画を大きな絵にしたもの入っていました。おそらく秀子が蘭から動画のデータをもらって、送ったもの。

康太は「なんだよこれ!?光、何だよこれ!」と言って、次の瞬間、康太の家に来ていて、その場にいた、幼なじみの礼香とキスをしまう。康太は「光、今俺のこと見てどう思った?悲しくなかった?悔しくなかった?光のしたことはそういうことなんだよ!」と大きな絵を足で踏みつけて、ボロボロにします。

罪悪感に浸り、康太の行動に困惑して、あたふたする光。もうめちゃくちゃですね。しかし、光と康太はまだお互いを思いやる理性が、ギリギリ残っていたのです。康太は次の日、光に「昨日はあんなことして、ごめん。あんなこと言ってごめん」と謝ります。

「謝るのは私の方だよ。康太が謝ることじゃないよ。」と光。「1回でいいから、ごめんて言葉にして謝って。そしたら俺光を信じる」と康太。「ごめん。本当にごめん。」と謝る光。「2回も謝らないで。光を信じた」康太と光はこうして仲直りしました。

康太はここまで来ても、光を思いやる気持ちは変わっていないし、光を意地でも信じたいという気持ちが、とても伝わってきて、見ていて胸が切なくてなりました

光は信とキスしたことは、絵で伝えられただけだし、まだギリセーフって思っていたのでしょうか。無理矢理、私はやっぱり康太を好きなんだ。康太を大切にしなくちゃいけないと自分に言い聞かせているような感じがして、康太をキープしておこうみたいな形で、個人的に光はずるいなと思いました。

光と康太は、仲直りして結婚式の招待状を会社に配ります。信と蘭にも配りに家を訪れます。すると、蘭から「光さんと康太さんと信と私、4人で旅行に行かない?真冬の星がとっても綺麗に見えるコテージがあるの」と提案されます。

とても困惑する光。しかし康太がいる前で、断ったら、信とキスしたことを認めるようなものだし、蘭の提案を飲むしかなかったのでしょうね。「行きます!」と返事し、こうして4人で旅行に行くことになったのです。

しかしこれが「奪い愛、冬」第4話のとても怖い序章の始まりだったのです。3人で車でコテージにつくと、康太と信に荷物を持たせて、蘭が光を景色の綺麗なところに一緒に行こうと手をひっぱります。着いた場所は確かに海が見える絶景の場所で綺麗なところですが、崖っぷち。

何かが起こると怖い予感が的中。光が絶景をスマホで写真を撮りながら、SNSにアップしようとしている所を蘭が背後から、手で突き落とそうとする。

光はそんな蘭に気付き、恐怖に慌てふためく「信を私から奪うなら、あんたをこの場所から突き落とす」と蘭は光を脅迫。

もう、このシーン蘭が怖すぎて、悪いのは信に手を出した光なんだけど、固唾を飲んで、光の無事を願ってしまいました。蘭の気持ちは分からなくないのですが、どう見ても、異常な行動。普通の人間の精神状態ではない。

そして光は「もう信さんには手を出しません。ごめんなさい。許してください」と蘭に謝ります。蘭は、光に「だったら、今度のコンペで負けると約束して。コンペがなくなれば、もうあんたと信が会うことはなくなるでしょう」と言います。

また一方で、康太と信も男のバトルを繰り広げていました。康太はすごい目つきで「あなたは光と、どんな理由があったにせよ、別れたんでしょう。光のことをどんなに苦しめたか、悲しませたか、分かっているのかよ」と信を睨み付けます。

困惑する信は「ああ、分かっているよ。過去のことだ。俺はもう光のことは今は好きじゃないから、安心して下さい」と、康太をその場落ち着かせようとあしらう。康太も信も光がどちらとも好きで、光のために男のバトルはまだ、落ち着いていて話していた様子だったから安心したけど、しかし、それもこんな状況じゃ時間の問題かなと思いました。

光はコンペに負けると蘭に約束したので、ロゴを手抜きして、取引先に提出。しかし、手抜きしたロゴを信が直接見て、光が蘭に脅されているのではないかと気付きます。

信は光に「こんなの光の仕事のやり方じゃない。自分に嘘をつくことで手に入れた幸せは本当の幸せじゃないよ。後悔しないでほしい。」とロゴのやり直しを進める。光は信のこの言葉を聞いて、ロゴのやり直しをさせて下さい」と上司に頼みます。そしてコンペは成功。

バレンタインデーの日。光は信に「仕事の大切さを教えてくれたお礼。今までのお礼。これで最後だから」とチョコを渡します。しかし、そこには、蘭の姿が!「あんた約束やぶったね。嘘をついて、そういうことする奴は天罰が下るんだよ」と言って、信から光に貰ったチョコを、足で踏みつけて、粉々にします。

そして「悪いと思うなら、このチョコ舐めながら、土下座しなさい」と光を脅迫。それを見た信は「光、そんなことしなくていい。絶対しなくていいから!」と光を必死で守ろうとします。蘭に「何でそんな女守るの?」と聞かれて、信はついに「俺は光のことがまだ好きだから」と言ってしまう・・・。しかもその言葉を聞いていたのは、蘭だけではなく、またしても光の跡を着けてきた、康太も聞いてしまったのだった。

ここで「奪い愛、冬」4話は終了しました。今回もドロドロのめちゃくちゃな展開です。4人とも、愛する人のために出た行動だけど、はっきり言って誰にも同情も共感もできません。

光も康太も信も蘭も、自分の我が身、外からもう一度振り返って見て下さい。と見ていて言いたくなりました。でも、恋愛って間違うとこういうことになるんだよね。なかなか自分で狂っていると気付くのは難しい。ここまでドロドロしていた「奪い愛、冬」第4話を見て、もはやドラマの域を超えてしまっていると思ったのは私だけでしょうか。

来週はどうなってしまうんだろう。これ以上壊れていく登場人物を見るのは怖いと思いながらも続きが気になって、来週も怖いもの見たさで見たくなってしまっている自分がいます。「奪い愛、冬」第4話を見て、このドラマは回を増すごとに、バージョンアップして、病みつきになっていくドラマだなと改めて実感しました。

「奪い愛、冬」 第4話を実際に見た方たちの声

https://twitter.com/sukkkirly/status/830078562505940993

https://twitter.com/Yukina25252525/status/830078506096742400

 

 

「奪い愛、冬」 第4話 次週のあらすじ・予告

 元カノ・光(倉科カナ)と妻・蘭(水野美紀)の前で、「俺はまだ、光のことが好きだ」と、衝撃の告白をした信(大谷亮平)。その現場を目撃した光の婚約者・康太(三浦翔平)は頭に血が上り、信につかみかかる。ところが、制止に入ろうとした光を弾みで突き飛ばし、気絶させてしまう結果に…。康太は警察の厄介になり、会社からも謹慎処分を食らってしまう。

 一方、蘭は信への愛憎の念をますます膨らませ、挑発的な行動で信を追い詰めていく。ついに信は家を出て行ってしまい、そのことに激しいショックと怒りを覚えた蘭は、康太の母・美佐(榊原郁恵)に接近! これまでとは違った方法で、光に対する攻撃を企てる。

 そんな中、嫉妬心を爆発させた康太は光の愛を独占することしか考えられなくなり、以前とは別人のように暴走。なんと、休日に光が信に会いに行けないよう、家の中に監禁し始める! 恐怖で怯える光…。さらに、蘭が光の母・麻紀(キムラ緑子)にまで魔の手を伸ばし始めた! 光はついに、蘭との直接対決を決意。一方、信には、思わず言葉を失うような“残酷な運命”が忍び寄る――。

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/ubaiai/story/0005/